Design lab “Lights” @gallery Y

Design lab "Lights" 展示風景

茨城県稲敷市を拠点に、独自のスタンスで洋服制作活動を行なっている Design lab “Lights” 墳崎嵩史さん初の個展をつくば市の gallery Y で観た。

ファッション・クリエイターの方がこういった形で個展を行うということは、単なる商品の陳列になるはずもなく、自身の創作を裏打ちする世界観を表現したいという意図が伝わってくるインスタレーションであった。

完成度を追求するというよりは、個展という機会を模索の場として提示している様子。実際、日々展示に変化があるようで、ミシンなど道具を持ち込んでの作業も同時進行していた。

ファッションという領域は、アートや他の表現領域と親和性の高いジャンルでもあるし、そのような価値意識の表れとして、このような展示が繰り広げられることに、ファッションを取り巻くビジネス状況の厳しさが伝えられる昨今、クリエイターとしての意気込みを強く感じた。まだまだ色んな可能性を探れそうだ。

展示は、今週末5月12日(日)まで。

展覧会DM

Design lab “Lights”(* 外部サイト)
gallery Y(* 外部サイト)