つくば建築フォトファイル

つくば建築フォトファイル

この本は、帯に「TX開通記念」の文字がある通り、2005年に発行されたもの。主に建築家設計による特色あるつくばの建築物を集めた一冊である。その大半は、つくばに拠点を置く写真家 齋藤さだむ氏が、長年にわたって撮り集めた写真によって構成されているが、私も二物件だけ参加させていただいた。

国立公文書館つくば分館

一つは、最近、平成クリアファイルでも話題となった、国立公文書館つくば分館である。
設計:(株)佐藤総合計画

ひたち野うしく駅
ひたち野うしく駅

もう一つは、JRひたち野うしく駅である。こちらは4ページの扱い。
設計:東日本旅客鉄道(株)水戸支社、(株)ジェイアール東日本建築設計事務所、(株)現代計画研究所・藤本昌也

これらは私の建築写真の仕事としては初期のものである。中判フォーマット(6×9)での撮影、カメラはEBONY23s、フィルムは齋藤さだむ氏による写真との統一感を考慮して Velvia 100F を使った記憶がある。

『つくば建築フォトファイル』 仕様

【106の建築物、800点の写真・図版収録】
H257 W158(mm)変形B5版、約370ページ、オールカラー(資料ページを除く)
ISBN4-9902731-0-9、定価:2,500円 (2,381円+税)
2005年初版第1刷発行 、発行・発売:NPO法人つくば建築研究会
デザイン(装丁):松澤康行
いばらきデザインセレクション2007 受賞